FAQ >【中途採用】未経験の職種に応募することはできますか?

💡
未経験の職種に応募する中途転職者に向けて「この職種に応募するならこういったことを学んでおくとオススメですよ」というガイドを提供しております。
カジュアル面談にて「未経験での中途転職」に関するご質問を多く寄せられたため、このガイドを作成し、公開することにしました。

あくまで参考資料であり、応募にあたっての必須条件ではありません。ただ、自己学習を通して「自分はこの仕事に向いている」「この分野の学習が苦にならない」とチェックしておくと、自信を持って応募できるようになるはずです。
その職種のことを知らずに入社して、後になってから「やっぱり自分には合わない」「想像していた内容と違った」といったミスマッチが発覚すると、お互いに労力や時間がムダになってしまう恐れがありますので、ご注意ください。

このガイドではベーシックな資格やスキルを中心にご紹介しております。最終的に風音屋を選んでいただけなかったとしても、他社への就職に役に立つはずです。ぜひキャリアを考えるヒントにしていただければと思います。
 
 

データコンサルタント/データアナリスト

①SPIの対策
「分析」の仕事では、徹底的に考え抜くことが求められます。大量の情報を迅速に処理するトレーニングとして、適性検査「SPI」の対策から始めてみてはいかがでしょうか。人気のSPI対策本としては『これが本当のSPI3だ!』『これが本当のWebテストだ!』等があるので、よかったら手に取ってみてください。
 
②ロジカルシンキング
ロジカルシンキングは「分析」の土台となるスキルです。ロジカルシンキングが身についていれば、BIツールの使い方やデータ可視化のテクニックなど、個々のハードスキルは入社後研修でも習得可能です。以下に推薦図書を掲載しています。ぜひゲーム感覚で楽しんでみてください。
 
  1. 世界で一番やさしい 考え方の教科書
  1. 5分で論理的思考力ドリル
  1. 5分で論理的思考力ドリル(ちょっとむずかしめ)
  1. 東大ケーススタディ研究会 - 伝説の「論理思考」講座
  1. 地頭力を鍛える - 問題解決に活かす「フェルミ推定」
  1. 数学的思考トレーニング - 問題解決力が飛躍的にアップする48問
  1. ロジカル・シンキング練習帳 - 論理的な考え方と書き方の基本を学ぶ51問
 
また、ロジカルシンキングの実践例として、「現在あなたが担当している仕事」について「KPIは何か?」「KPIを2倍にするにはどうしたら良いか?」を考えてみるのもオススメです。思いつきのアイデアを列挙するのではなく、推薦図書を参考にして、構造的に分析してみましょう。
 
③文章力・資料作成
業務でデータ分析を行うのはビジネスの改善に役立てるためです。ステークホルダーは必ずしもデータの専門家ではありません。そのため、「相手にわかりやすく伝えるスキル」が必要となります。
「ドキュメンテーションに慣れていない」「自信がない」という人には、以下の書籍リストをオススメしています。ぜひ参考にしてください。
 
  1. 増補版 大人のための国語ゼミ(日本語の正しい文法について)
  1. 文章力の基本(わかりやすい文章について)
  1. 世界で一番やさしい 資料作りの教科書(ビジネスにおける資料作成の流れ)
  1. 入門 考える技術・書く技術(ロジカルライティングの全体像について)
  1. 超スピード文章術(効率的な文章作成の流れ)
  1. 超・箇条書き(論点の構造化について)
  1. 文章を整える技術(文章の推敲について)
  1. 一生使える 見やすい資料のデザイン入門(スライドの作り方について)
  1. Google流資料作成術(資料に添付するデータ・図・表の作り方について)
 
④SQL
ほとんどのスキルは入社後研修で学ぶだけで十分なのですが「SQL」と呼ばれるデータベース言語については、事前学習をオススメします。風音屋のデータ分析業務ではSQLの利用頻度が圧倒的に多いので、先に慣れておいたほうが安心して仕事を始めることができます。
学習教材としては『集中演習 SQL入門 Google BigQueryではじめるビジネスデータ分析』という書籍があります。当社のインターン(経済学部の学生)が本書を読んだ後、すぐにSQLを用いてデータ分析を実施できるようになったので、この1冊だけでもおそらく十分なはずです。
 

データエンジニア

①プログラミング言語の基本的な使い方
何らかのプログラミング言語について、基本的な使い方を習得しておくことをオススメします。風音屋ではPythonを使うことが多いので、具体的な学習目標を設定するのであれば「Python3エンジニア認定基礎試験」という資格を取得してみてはいかがでしょうか。
 
②クラウドインフラの初歩的な知識
Google Cloud、AWS、Microsoft Azure のいずれかについて初歩的な知識を抑えておくことをオススメします。初学者が体系的に学習するためのガイドとして公認の初級資格が用意されています。
  1. Google Cloud Associate Cloud Engineer
  1. AWS Certified Solutions Architect - Associate
  1. Microsoft Certified: Azure Fundamentals
 
③発展資格または派生資格への挑戦
それぞれのクラウドインフラ(②)には、データエンジニアに特化した発展資格があります。これらの学習内容は入社後の業務に直結しますので、よかったら挑戦してみてください。
  1. Google Cloud Professional Data Engineer
  1. AWS Certified Data Engineer - Associate
  1. Microsoft Certified: Azure Data Fundamentals
  1. Microsoft Certified: Azure Data Engineer Associate
 
また、周辺分野の知識を補うには、以下のような派生資格があります。実務では同等のスキルが求められるので、事前に目を通しておくと安心して仕事を始めることができます。
  1. サーバの操作に興味を持ったら、Linuxの資格「LPIC Level 1」をオススメします。データ集計のプログラムをインフラ環境に反映する(デプロイする)ときにLinuxの知識が必要になります。『1週間でLPICの基礎が学べる本』を流し読みするところから始めてみてはいかがでしょうか。
  1. データベースの操作やSQLを学ぶには「ORACLE MASTER Silver」や「OSS-DB Silver」といった資格があります。これらの技術を当社の業務で直接扱うことは多くないですが、BigQuery等のデータウェアハウスで同じような作業を行うことになります。
  1. ITに関する基礎知識を幅広く抑えるには「基本情報技術者試験」と呼ばれる資格や、その上位資格の「応用情報技術者試験」があります。パフォーマンスチューニングやセキュリティ要件を考えるにあたっては、こうした幅広い知識が必要となります。学生時代に情報系専攻ではなかった人が「大まかなキーワードを知っておく」状態を目指すには、これらの資格が適しています。
 
④データエンジニアリング分野のツールを試す
ぜひ実際にツールを試してみましょう。システムが動作する感動や面白さを味わってみてください。特にGoogle Cloudのサービスは個人で試す分には少額(ほぼ無料)で済むのでオススメしております。
 
  1. LookerStudio等のBIツールによるデータ可視化
  1. BigQuery等のデータウェアハウスを用いたデータ管理
  1. Dataform等のETL/ELTツールを用いたSQLによるデータ集計
  1. BigQuery StudioやCloud Functions等を用いたPythonによるデータ集計
  1. GitおよびGitHubによるソースコード管理
 
これらを試した後は、ふりかえりを兼ねて、システム構成図を描いてみてはいかがでしょうか。その際には、風音屋の代表が執筆した書籍『実践的データ基盤への処方箋』が参考になるはずです。
 

人事・労務(事務職)

 
準備中
 

セールス&マーケティング(営業事務)

 
準備中
 

経理・財務(事務職)

 
準備中
 

コーポレートIT(事務職)

 
準備中
 

[共通] 事務職(正社員)

当社の事務職では「正社員として入社する場合」「契約社員から正社員に切り替わる場合」ともに、現場のリーダーとして契約社員や派遣社員の業務をサポートできるだけのスキル水準を期待しています。
 
①SPIの対策
事務職では細かい資料を扱いますので、多くの情報を素早く処理できる人のほうが、入社後すぐに活躍しやすいと言えます。頭を使うトレーニングとして、適性検査「SPI」の対策から始めてみてはいかがでしょうか。人気のSPI対策本としては『これが本当のSPI3だ!』『これが本当のWebテストだ!』等があるので、よかったら手に取ってみてください。
 
②ビジネスコミュニケーション
事務職は、別の部署や取引先など多様な関係者とやり取りを行うため、ビジネスコミュニケーションのスキルが求められます。独学にオススメとなる資格や書籍をご紹介します。
 
  • 資格「秘書検定」:忙しそうな相手にどう話しかけるか?従業員や取引先からの依頼をどのようにお断りするか?など、働く上でのコミュニケーションの勘所を学ぶことができます。
  • 書籍『ロジカル・シンキング練習帳』:相手に伝わる丁寧なビジネスメールやビジネスチャットを書けるようになるための書籍です。「Lesson →例題→練習問題」のステップで、少しずつスキルを身につけることができます。
  • 書籍『世界で一番やさしい会議の教科書』:グダグダな会議に時間を浪費しなくなるための書籍です。「この会議はムダが多いな」と思ったときに、不満や愚痴で終わらせるのではなく、「こうすれば改善できるかも」と行動に移せるようになります。
 
③ITリテラシー
オフィスワークを行う上でIT(情報技術)に関する最低限の知識は必須となります。ツールの使い方やキーワード、大事な考え方を身につけておくと、職場で活躍しやすくなるでしょう。
 
  • タイピング&ショートカットキー:1日中PCを使うことになるため、PCの操作には慣れておきましょう。様々な練習サイトがあるので、自分なりに楽しめそうなものを選んで挑戦してみください。
  • 資格「ITパスポート」:ITに関する基本的な知識を体系的に学ぶことができます。専門用語が次々に出てくるので最初は少し大変かもしれませんが、IT企業で働く上ではぜひ知っておきたい知識です。
  • 書籍『セキュリティの笑えないミスとその対策51』:情報漏洩などの注意事項を学ぶことができます。事務職は機密情報を扱う機会が多いため、セキュリティ意識の高さが求められます。
  • 資格「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」:Word(文書)、Excel(表計算)、PowerPoint(スライド資料)、Outlook(メール・カレンダー)といったツールの使い方を学ぶことができます。当社ではMicrosoft OfficeではなくGoogle Workspaceがメインとなりますが、教材が豊富なため、学習用にはMOSをオススメしています。既に学校・職場でこれらのツールを使っている場合は、この資格を無理に取得する必要はないでしょう。
 
④マニュアル作成・活用
オフィスワークでは、個人の記憶力やセンスに頼るだけではなく、仕組みづくりやマニュアル活用が重要となります。定型作業をマニュアル化しておけば、新しい挑戦に意識を向けられるようになります。
 
  1. 図解 無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい
  1. 「マニュアル」をナメるな!~職場のミスの本当の原因~
  1. 本当に使える業務マニュアル作成のルール
  1. 小さな会社の〈人と組織を育てる〉業務マニュアルのつくり方
 
⑤文章力・資料作成
オフィスワークでは、別の部署や取引先など、立場の違う相手と文章・資料でコミュニケーションを取る場面があります。そのため、「文章・資料で相手にわかりやすく伝えるスキル」が必要となります。
「ドキュメンテーションに慣れていない」「自信がない」という人には、以下の書籍リストをオススメしています。ぜひ参考にしてください。
 
  1. 増補版 大人のための国語ゼミ(日本語の正しい文法について)
  1. 文章力の基本(わかりやすい文章について)
  1. 世界で一番やさしい 資料作りの教科書(ビジネスにおける資料作成の流れ)
  1. 入門 考える技術・書く技術(ロジカルライティングの全体像について)
  1. 超スピード文章術(効率的な文章作成の流れ)
  1. 超・箇条書き(論点の構造化について)
  1. 文章を整える技術(文章の推敲について)
  1. 一生使える 見やすい資料のデザイン入門(スライドの作り方について)
  1. Google流資料作成術(資料に添付するデータ・図・表の作り方について)
 
 

採用フォーム

以下のフォームから申し込みをお願いします。
 

カジュアル面談

風音屋の仕事に関心がある方に向けて、キャリア相談や業務内容についてカジュアルに会話する場を設けております。