FAQ > いわゆる客先常駐のような働き方になりますか?

風音屋は労働者派遣事業の許可を取得しておらず、偽装請負と判断される恐れがあるため、客先常駐での働き方を行っておりません。
風音屋のメンバー同士で連携しながら仕事を進め、クライアントとはビジネスチャットやオンラインミーティングでコミュニケーションを行うことが多いです。案件によっては出張のような形でクライアントのオフィス訪問や施設見学を行うケースもあります。
風音屋は、専門書の著者、技術コミュニティの運営者、GoogleやAmazonの出身者など、20名以上のアドバイザーに相談できる環境です。客先常駐だと社内レビューを受けるためのステップが増えてしまい、当社の強みやノウハウを活かしにくいといった欠点があります。クライアントに価値を提供するために試行錯誤を繰り返してきた結果、現時点では今の働き方がベストだと考えております。